コピー・ペースト・カット・すべてを選択キー

コピー・ペースト・カット・すべてを選択が超進化

2018.03.06(火)〜2019.04.07(日)

μTRONキーボードを2007年に使い始めてから早11年、左面の最下段にあるHome, End, PgUp, PgDnキーは1回も使ったことがない。
そして、Karabiner-Elements × Scrivener3に出会って、その使い道を思いついた。
 
X-Bowsでは、それをさらに進化させる。
当面、X-Bowsのみが対象とする。
AppleKB等は、順次対応予定。


(1) μTRONの場合

 μTRONキーボードは完全な左右対称形なので、右面の矢印キーと対称な位置にHome, End, PgUp, PgDnキーがある。
 
ここを「カット, コピー, ペーストしてスタイルを合わせる, ペースト」
としてリマップする。
 
左手で打てることに価値がある。
右手でMagic Track Padやマウスを操作するからです。
 
 
これが思いの外、使いやすい。
矢印キーと同様に、十字(逆T字)に配置されているので、入力しやすい。
実に収まりが良い。
一々Cmd+C等を打っていたことが馬鹿馬鹿しく思える。
 
HHKBやAppleKBには悲しいかな、これをアサインできるキーがない。
Functionキーは、横一列なので、十字に並んだキーに比べると使いにくい。
HHKBは一々Fnキーを押さないといけないので、これも駄目。
 
使い道がなかったHome, End, PgUp, PgDnキーは、
10年かかって、他にはない利点となった。
 
もちろん、左利きの人は、左右のキーマップを逆にすれば使いやすくなるでしょう。
 
この点で、μTRONキーボードは理想形だと思っていたが、X-Bowsキーボードの方がさらに便利な使い方ができる。
 

(2) X-Bowsキーボードの場合

X-Bowsには、左側に十字キーがない。
その代わり、右上に利用できるキーがたくさんある。
 
そこに、コピー等に加えて、すべてを選択、クリップ、検索を追加した。
実に使い勝手が良い。
 
特に、「すべてを選択」キーが最高!!
 
全選択して、copy、cut、pasteが快適に使えるのが良い。
これは、μTRONキーボードでも実現できなかった利点です。
 
一々、ショートカットの複数キーを押さなくて良いので、
これに慣れると後戻りできなくなる。
 
そして、μTRONキーボードの使い心地を残すため、左下角にも、コピー、ペーストの2つをアサインした。右手でマウスを使って選択してコピーやペースト、という作業をすることが多々あるので、これが有るのと無いのでは雲泥の差です。
 

「すべてを選択(Select All)」

「すべてを選択」キーを単打して、すべてを選択し、
その周りのキーを使って、「コピー」、「カット」、「ペースト」という一連の作業がスムースにできる。
 
これだけでも、最高の使い心地です。
 
それだけではつまらない。
 

「一行を選択(Select Line △)」

「すべてを選択」キーを長押しで、一行を選択。
これもあれば便利ですね。
 
ただし、エディタが折り返した前後の行は選択されない。
 

全選択&コピー、全選択&カット、全選択&ペースト・Return&ペースト

全選択してからコピーをする時は、
「すべてを選択」キーを叩いて、「コピー」キーを叩く。
片手で打つ時はそれもいいが、2回叩くのが面倒くさい。
 
それを一回で打てるように、

  • 「コピー」キーの長押しで「全選択&コピー」
  • 「カット」キーの長押しで「全選択&カット」 
  • 「ペースト」キーのシフトケースで「全選択&ペースト」
  • [ペースト」キーの長押しで「Return&ペースト」

を設定した。長押し方式は、片手でできるからいい。ペーストは、全選択よりも、改行してペーストするという使い方をよく使うからです。
 
いいね。
 

行末までを選択、行頭までを選択 

「すべてを選択」はメニューにもある。
メニューにもショートカットにもないけど、
あったらいいなとずっと思っていたもの。
 
それが、「行末までを選択」、「行頭までを選択」。
 
それだけではつまらないので、究極の進化をさせよう。
 
「すべてを選択」キーの左シフトケースを1回叩くたびに、
 
 「行末までを選択」→「行頭までを選択
  →「元の位置に戻る
 
 
という3つの状態を選べる。
 
なんてこった!!
そこまでやるか?!
 
こんなの見たことない。
これと、「コピー」キーなどを組み合わせれば、超楽ちん。
天下無敵だね。
元の位置に戻れるのが、ありそうでないでしょ。
 
3つの状態をたった1つのキーだけで打ち分ける。
それが基本コンセプトです。
 
今までは、右手を矢印キーに移動し、ショートカットを打つためにまた右手を移動する。それを何度もやらないといけなかった
まったく馬鹿馬鹿しい。
 
もうそんな無駄なことはしなくていい。
 
いいね。
 

文末まで選択、文頭まで選択

「すべてを選択」キーの第2の左シフトケースを1回叩くたびに、
 
 「文末までを選択
  →「文頭までを選択
  →「元の位置に戻る
 
 
という3つの状態をサイクリックに選べる。
 
「すべてを選択」は単打で打てばいいので、
ここでは、この3つを選択できれば十分です。
 
特に、長い文章では、元の位置に戻れることが重要です。