HOME > Golf > 転がりの科学 > 転がりの科学(基本編) > (ステップ2)斜面の基本 > スティンプメータの歴史

スティンプメータの歴史は浅い






公式に使われてるようになってわずか30年ほど


1937年
Eddie Stimpson氏が開発した。
stimpmeterという名称は、見て分かるように彼の名前に由来している。
ゴルフの専門用語ってことです。
だから英和辞典にも載っていないのかもしれないし、聞き慣れない言葉だからstepと聞き間違ったりするんですね。
stimpが動詞としても使われているくらいで、独立した単語になっているようです。

1970年台
芝の刈る技術が進歩した。
stimpmeterをUSGAがクラブに支給して普及した。

1977年
アメリカで公式に初めて使用されたのは、この年のU.S.Openだった。

現在、USGA(アメリカゴルフ協会)$35ちょっとで販売しているが、一般販売はしていない。Stimpmeterという名前自体USGAの商標らしい。

Accuproducts international社(Saline, Michigan州)がGreen Speed Meterという名称で$54で一般販売しているが、USGAの公認ではない。
BMS社でも売っているようです。

milk_btn_prev.png|milk_btn_next.png